給湯器の凍結防止について

凍結トラブルの予防は、「ガス給湯器本体の凍結防止」と「給水管の凍結防止」が基本です。

1・通水による方法
寒さが厳しい時には、給水及び給湯配管や給水元栓の凍結を防ぐため、以下の通水の処置をしてください。機器だけでなく、給水・給湯配管・給水元栓なども同時に凍結防止できます。
 ○1リモコンの運転スイッチを「切」にする。
 ○2ガス給湯器のガス栓を閉める。
 ○3給湯栓を開いて、少量の水(1分間に約400cc、太さ約4mm)を流したままにしておく。

2・凍結予防ヒーターによる方法 
給湯器内の凍結予防ヒーターが、凍結の危険のある気温近くになると自動的に作動します。
電源プラグを抜くと作動しないため、電源プラグは抜かないでください。
(運転スイッチの[入・切]に関係なく凍結予防します。) 
お部屋のブレーカーも落とさないで下さい。
万が一ブレーカーを落とす場合は、裏面を参照の上水抜きして下さい。

3・水抜きによる方法
凍結予防しても、厳冬期には完全に凍結を防ぐことができない場合があります。
大寒波が到来したときは、下の画像を参照の上水抜きして下さい。

気温の上昇により自然に解凍するまで待つことをオススメしますが、すぐにお湯を使いたい場合は、以下の方法をお試しください。
1・布を給水元栓の周りに巻く(エコジョーズの場合は、ドレン管も巻く)
2・50℃前後のお湯を配管に巻いた布にゆっくりかける。
3・給水元栓が回るようになったら、家の給湯栓を閉める。
4・布を外し、配管のまわりについた水を乾いた布でふき取る。
*火を使って温めたり、熱湯を直接配管にかけたりすると配管が損傷し
漏水の原因となりますので、絶対にしないでください。